<

山下毅夫の「黒い足音」とか好きな人におすすめです。

「ロンドンの道り魔、切り裂きジャック」を題材にした映画のサウンドトラックです。知的で立体的な作曲家/アレンジャーのピート・ルゴロが手がけたサウンドはサイコホラー調のオーケストラもの。タイトル曲では女性スキヤットが霧に包まれた雰囲気を盛り上げます。山下毅夫の「黒い足音」とか好きな人におすすめです。ちなみにこの1960年版公開時の邦題は「霧の夜の戦慄」でした。

O.S.T. Jimmy McHugh, Pete Rugolo ジミー・マクヒュー&ピート・ルゴロ

(LP)Jack The Ripper

収録曲・データ
【曲目】Main Title (Jack The Ripper Theme) /Love Theme (Lowry Dates Ann) / Killed In The Elevator / Ann Is Chased / Ripper Kills Gateman / Mary Clarke Theme / To The Operating Room (And End Title) // Ripper Gets Mary Clarke Ann And Mary / Chase The Hunchback / Barmaid Starts Home (And Can-Can Scene) / Ann Is Trapped / Kitty / Blood On My Hands (And End Cast)【Arranger】Pete Rugolo
  • Main Title
  • Chase The Hunchback
  • Kitty
【レーベル: RCA Victor【品番: LSP-2199】【発売年: 1960】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:EX+<並品+> / 盤質:EX<並品>】 【ジャケット詳細: 抜け(天)(底)(中) / 擦れ(表)(裏)(弱) / はがれ(裏)(小)】 【盤質詳細: ステレオ / カンパニースリーヴ付き / プチ・ノイズ(中)】 【特記事項: A5「Ripper Kills Gateman」からA6「 Mary Clarke Theme」前半にかけてキズ。ノイズが続きます。その他はEX+からEX++程度です。 】 【値段: 2,200円】