<


Hi-Fiについて

About

外観

店内

1982年、ハイファイ・レコード・ストアは、東京渋谷にうぶごえを上げ、アメリカ/イギリスのロック/フォーク/ポップのアナログ盤輸入販売を始めました。
ロック系の輸入中古店としてはかなり早いスタートで、当時はそうした商品を扱うショップも少なく、新譜の青山パイド・パイパー・ハウス、中古は渋谷ハイファイ・レコード・ストアと言われたそうです。店名の名付け親はSSW/音楽評論家の中川五郎氏。羽良多平吉氏がロゴをデザインして下さいました。

創業以来、一貫してスタッフ自身がアメリカに出向き、倉庫にもぐり込み、コレクターを尋ねて、買い付けを行って来ました。
また東京では、常にミュージシャン・シップにあふれるスタッフが店頭に立ち、お客様と音楽を介してキャッチ・ボールをしながら、素晴らしいレコードを教えていただいてきました。
これがハイファイのセレクションの基本となっています。

1994年2月、スタッフが一新、ハイファイは新たなスタートを切りました。

2001年8月、旧渋谷ファイアー通りから、現在の神宮前6丁目明治通り沿いに店舗を移転しました。

さまざまに音楽メディアの環境が変化してもなお、変わらずアナログ・レコードは輝きを失っていません。音楽を探し続ける心、音楽を感じクリエイトする心にむけて、ハイファイ・レコード・ストアはアナログ・レコードに込められた魅力を見いだし、送り出し続けたいと思います。