<

ヤング・カルチャーの扉をノックしたユニット。

ポップ世代のアレンジャー/プロデューサーとして活躍したマイク・カーブ。60年代後半のサントラ仕事はサイケやガレージ感覚を取り入れた混沌としたものでしたが、このユニットを組織後はピースフルでポップなサウンドにシフトします。本作がこの名義でのファースト・リリース。ビートルズ「Come Together」と「Hey Jude」をメドレーにするなど、正面からヤング・カルチャーの扉をノックする気概を感じます。全曲のアレンジはペリー・ボトキン・ジュニア。

Mike Curb Congregation, The マイク・カーブ・コングリゲーション

(LP)Come Together (with CIRCUS Magazine)

  • Come Together / Hey Jude
  • We’ll Sing In The Sunshine
  • Raindrops Keep Fallin’ On My Head
【レーベル: CoBart【品番: CO1002】【発売年: 1970】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:EX++<良品> / 盤質:M--<良品+>】 【ジャケット詳細: カットアウト(ホール)(小) / 抜け(背)(小) / 角折れ(下右)(小)】 【盤質詳細: ステレオ】 【特記事項: 1970年発売のアメリカカルチャー雑誌「CIRCUS」が付録でついています(雑誌のオマケがマイク・カーブ・コングリゲーションのポスター(一部に破れあり)。 】 【値段: 4,180円】