<

バーバンクサウンドの季節到来を告げる記念碑的名作。

デビュー・アルバム。ドリーミーなオーケストレイションが施された甘美なメロディ。音の迷宮感覚こそまだまだですが、バーバンク・サウンドの季節到来を告げた記念碑的名作であることに変わりなし。「Come To The Sunshine」「Happy Talk」「59th Street Bridge Song」「Simon Smith And The Amazing Dancing Bear」などを収録。アレンジャーにはレオン・ラッセル、ランディ・ニューマン、ペリー・ボトキン・ジュニア、ロン・エリオット。そしてもちろん、このアルバムの影の仕掛人がヴァン・ダイク・パークスであることは自明です。

ハーパース・ビザール Harpers Bizarre

(LP)Feelin' Groovy

収録曲・データ
【曲目】Come To The Sunshine / Happy Talk / Come Love / Raspberry Rug / 59th Street Bridge Song (Feelin’ Groovy) // The Debutante’s Ball / Happyland / Peter And The Wolf / I Can Hear Darkness / Simon Smith And The Amazing Dancing Bear【Producer】Lenny Waronker 【Arranger】Leon Russell, Randy Newman, Perry Botkin Jr., Ron Elliott 【Engineer】Lee Herschberg 【Cover Photo】Jim Marshall 【Art Direction】Ed Thrasher
  • Come To The Sunshine
  • 59th Street Bridge Song
  • Simon Smith And The Amazing Dancing Bear
Rock  Burbank  LP
【レーベル: W.B.【品番: WS1693】【発売年: 1967】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:M--<良品+> / 盤質:M--<良品+>】 【ジャケット詳細: シュリンク残存】 【盤質詳細: ステレオ / カンパニースリーヴ付き】 【特記事項: W.B.ゴールド・レーベル。ジャケ面の中心部分にややシワ。裏ジャケにやや日焼け。 】 【値段: 3,780円】