<

二人でアメリカとイギリスの名曲を連弾!

セッション系のジャズピアニスト、デレク・スミスが、ピアノ/ハープシコード奏者レイ・コーエンと手を組んだ鍵盤デュオ。ここではピアノ二台の連弾で、ロンドン出身のデレクとブルックリン出身のレイがお互いの国の名曲を採り上げるという趣向。しかし、一曲目「Two Different Worlds」聴くと、どうでもよくなります。かっこいい! ビューティフル過ぎる! 「You'd Be So Nice To Come Home To」も素敵なアレンジ。アレンジはマーティ・ゴールド。

Derek And Ray デレク&レイ

(LP)Two Piano Sound Of Two Different Worlds

  • Two Different Worlds
  • You'd Be So Nice To Come Home To
  • Country Gardens
【レーベル: RCA Victor【品番: LSP3426】【発売年: 1965】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:M--<良品+> / 盤質:M--<良品+>】 【ジャケット詳細: 擦れ(表)(裏)(弱)】 【盤質詳細: ステレオ】 【特記事項: RCA Victorブラック・レーベル(小ニッパー、白ロゴ)。 】 【値段: 3,850円】