<

ソフトロック・ラウンジの鑑!

なにやらものものしい印象ですが、北欧のフリーセックス的な風潮を題材にしたイタリアの実録映画。日本では「フリーセックス地帯を行く〜天国か地獄か」というすごいタイトルでした。で、この映画がアメリカでヒットしたわけではなく、タイトル曲的に使われた「Mah Na Mah Na」が一人歩きしてラウンジ・カヴァーされて流行したのでした。ピエロ・ウミリアーニのスコアは、まさに作品の内容も反映したソフトロック・ラウンジの鑑!

O.S.T. Piero Umiliani ピエロ・ウミリアーニ

(LP)Sweden Heaven And Hell (US press)

収録曲・データ
【曲目】Mah-Na-Mah-Na / You Tried To Warn Me (Theme-Drug Treatement) / Sleep Now Little One (Lazy Choir) / You Tried To Warn Me (High Church Treatement) / Beer, Vermouth And Gin // You Tried To Warn Me (Theme-Bos Nova) / To Be A Woman (It's Nice) / Cow-Boy / Beer, Vermouth And Gin (Big Instrumental) / Sleep Now Little One (String Interlude)
  • Mah Na Mah Na
  • You Tried To Warn Me
  • You Tried To Warn Me ( Theme- Bos Nova )
【レーベル: Ariel【品番: ARS15000】【発売年: 1969】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:M--<良品+> / 盤質:M--<良品+>】 【ジャケット詳細: 角折れ(下右)(小)】 【盤質詳細: ステレオ】 【値段: 16,500円】