<

「40年代最前衛」ビバップとクールジャズの裂け目。

「40年代最前衛」。ビバップとクールジャズが交差した時代の貴重な音源をまとめあげた一枚。Capitolでリリースされた「Cool And Quiet」のEmArcy版と受け止めればいいでしょうか? ビバップに割かれた部分も多いので、あれほどの透徹とした雰囲気では統一されていませんが、時代の裂け目から何かが生まれようとしている、そんな気分は生々しく感じられます。試聴曲はレニー・トリスターノ、ビル・ハリス(トロンボーン奏者の方)、ジャッキー・パリスの順で選びました。

V.A. Lennie Tristano Trio, Jackie Paris, etc. レニー・トリスターノ・トリオ、ジャッキー・パリス、他

(LP)Advance Guard Of The 40’s

収録曲・データ
【曲目】The Goof And I / All God's Children Got Rhythm / Head Hunters / Two Heads Are Better Than One / Blue Boy / Coolin' Off With Ulanoc // Frustation / 'Round Midnight / I Love The Rhythm In A Riff / Second Balcony Jump / Little Irv / Daddy Sauce's Airlines
  • Coolin’ Off With Ulanov
  • Frustration
  • ‘Round Midnight
【レーベル: EmArcy【品番: MG36016】【発売年: 1955】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:EX++<良品> / 盤質:EX++<良品>】 【ジャケット詳細: テープ(天)(中) / 擦れ(裏)(弱)】 【盤質詳細: モノラル】 【特記事項: EmArcyドラマー・レーベル。ジャケ右上を透明テープで補修。 】 【値段: 3,300円】