<

ボイス&ハート自演盤第一集!

ジェイとアメリカンズの「Come A Little Bit Closer」やモンキーズのデビュー曲「恋の終列車」を書いて成功した作家チーム。60年代の最良のポップス作家チームの一つと言っても、過言では無いでしょう。彼ら自身にも、ポップスターとして通用するアイドル性と若さがありました。モンキーズなモードの「Sometimes She's A Little Girl」が最高。

Tommy Boyce And Bobby Hart トミー・ボイス & ボビー・ハート

(LP)Test Patterns

収録曲・データ
【曲目】Out And About / I Should Be Going Home / In The Night / My Little Chickadee / For Baby // Sometimes She's A Little Girl / Abe's Tune / Shadows / Girl, I'm Out To Get You / Life (Sunday Night In Phoenix-Life In Hollywood-Sunrise Through The Meadow-What's It All About)
  • Out And About
  • Sometimes She's A Little Girl
  • Girl, I'm Out To Get You
Rock  Soft Rock  LP
【レーベル: A&M【品番: SP4126】【発売年: 1967】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:M--<良品+> / 盤質:EX++<良品>】 【ジャケット詳細: 擦れ(表)(裏)(弱)】 【盤質詳細: ステレオ / カンパニースリーヴ付き】 【特記事項: 彼らのバイオを記したインナー付。 】 【値段: 3,300円】