<

ローティーンの三人が紡ぎ出すオトナ殺しジャズ!

天才少年ピアニスト、クレイグ・ハンドレー! なんとこのとき、まだ14歳だそうです。彼とその友人の子供トリオが紡ぎ出すオトナ殺しジャズ! こんなのがあるんですね。子供らしい無邪気さというか透明感を持ちつつも、若さにまかせてトリッキーに遊びまくる。その喜びが丸見えなのが最高です。「Arrival」や「バッハのフーガ」から「Fly Me To The Moon」に流れ込むB-1とか。鳥肌が立つほど向こう見ず! これがデビュー作。

Craig Hundley Trio クレイグ・ハンドレー・トリオ

(LP)Arrival Of A Young Giant

収録曲・データ
【曲目】 Arrival / Who Can I Turn To (When Nobody Needs Me) / Chopin Prelude ~How Insensitive / Here’s That Rainy Day / 3 For 5 / It Was A Very Good Year // Bach Fugue ~Fly Me To The Moon (In Other Words) / Yesterday : The Midnight World / Now / The Jet Song / Eleanor Rigby / Departure
  • Arrival
  • Bach Fugue / Fly Me To The Moon
  • Now
【レーベル: World Pacific【品番: WPS21880】【発売年: 1968】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:M--<良品+> / 盤質:M--<良品+>】 【盤質詳細: ステレオ / カンパニースリーヴ付き】 【値段: 3,520円】