<

シナトラの十八番を素敵にイージー化。

カナダ生まれのロバート・ファーノン。パーシー・フェイスのカナダ時代(1940年代)に、オーケストラの首席トランペッターを務めていた経歴の持ち主で、自身も活動の場をやがてアメリカに移します。シナトラの十八番のイージー化を直接関係の無いレーベルでやっているのは珍しいかも。大編成だけでなく「Come Fly With Me」のような小粋なコンボもあり。

Robert Farnon And His Orchestra ロバート・ファーノン

(LP)Play The Hits Of Sinatra

  • The Tender Trap
  • Come Fly With Me
  • Young At Heart
【レーベル: Philips【品番: PHS600-179】【発売年: 1965】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:EX++<良品> / 盤質:M--<良品+>】 【ジャケット詳細: シミ(裏)(小)】 【盤質詳細: ステレオ / カンパニースリーヴ付き】 【値段: 3,850円】