<

控えめながら充実作。ニューソウルの影響も。

1970年から始まる彼女のSSW期のこれが4作目。サード「Music」やこの次の「Fantasy」と並び、カーティス・メイフィールドやダニー・ハサウェイの音楽に惚れ、ニューソウルに肩入れしていた時期でもあり、とても充実した内容です。バックミュージシャンはNYのセッションメンやダニー・クーチらセクションの面々。名曲「Been To Canaan」や隠れファンキー名曲「Bitter With The Sweet」収録です。控えめながら充実作。

Carole King キャロル・キング

(LP)Rhymes And Reasons

収録曲・データ
【曲目】Come Down Easy / My My She Cries / Peace In The Valley / Feeling Sad Tonight / The First Day In August / Bitter With The Sweet // Goodbye Don't Mean I'm Gone / Stand Behind Me / Gotta Get Through Another Day / I Think I Can Hear You / Ferguson Road / Been To Canaan
  • Been To Canaan
  • Bitter With The Sweet
  • Stand Behind Me
【レーベル: Ode【品番: SP77016】【発売年: 1972】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:EX++<良品> / 盤質:EX+<並品+>】 【ジャケット詳細: 擦れ(表)(裏)(中)】 【盤質詳細: ステレオ / 歌詞内袋付き】 【特記事項: B-5「Ferguson Road」後半に小さな縦傷がありプチノイズが十数回入ります。他はEx++〜M--。 】 【値段: 1,980円】