<

まだまだ New Arrival

Capitol以前のケントン。

スタン・ケントンが1943年にCapitolと専属契約を交わす直前の数年に在籍したDeccaでのレコーディングをまとめた一枚です。この時期のレコーディングは、おそらくこのかたちでしかアナログLPになっていないのでは? 「発達期」というタイトルが示す通り、快活な30年代風ダンスバンド作品に混じって「Reed Rapture」「Concerto For Doghouse」といった野心的なオリジナルがチラホラ。「Tabu」のアレンジも斬新です。

Stan Kenton And His Orchestra スタン・ケントン

(LP)Formative Years, The

収録曲・データ
【曲目】El Choclo / Gambler’s Blues / Lamento Gitano / The Nango // Tabu / This Love Of Mine / Reed Rapture / Concerto For Doghouse / Adios
  • Reed Rapture
  • Concerto For Doghouse
  • Tabu
Jazz  Big Band  LP
【レーベル: Decca【品番: DL8259】【発売年: Early60s】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:M--<良品+> / 盤質:EX++<良品>】 【ジャケット詳細: 擦れ(裏)(弱) / 角折れ(上左)(中)】 【盤質詳細: モノラル / カンパニースリーヴ付き】 【特記事項: Deccaブラック&レインボー・レーベル(1960年初期以降に使用されたデザイン。ブラック・レーベル盤がオリジナル)。 】 【値段: 2,750円】