<

キュートにボッサにラウンジーに!

「盗みのプロ部隊」という邦題もついていて(日本公開されたのでしょうか?)、どうやら当時流行の「黄金の七人」路線の映画だったとわかります。モリコーネのサントラも彼にしては珍しくキュートにサンバにラウンジーに遊びまくっています。ブルーノ・ニコライがアレンジに絡むと、必ずこういう洒落たスパイスがかかるんですよね。旋律は美しいモリコーネ流なのがまた最高。オリジナル盤は高嶺の花。こちらは85年の限定リイシュー盤です。

O.S.T. Ennio Morricone, Bruno Nicolai エンニオ・モリコーネ、ブルーノ・ニコライ

(LP)An Ogni Costo (1985 reissue)

  • Punto E Basta
  • Tudo E Nada
  • Voce
【レーベル: RCA【品番: SP8021】【発売年: 1985】【発売国: Italy】 【コンディション: ジャケット:M--<良品+> / 盤質:M--<良品+>】 【ジャケット詳細: 抜け(天)(小)】 【盤質詳細: モノラル】 【特記事項: モノラル音源をステレオ・カッティング盤に収録したレコードです(ステレオ針での再生をお勧めします)。 】 【値段: 6,600円】