<

「Milky Way Man」がフリーソウル期に人気でした。

ルース・コープランドはロック的なシャウトから出発し、そのセンスをファンキーメロウに消化していった女性シンガー。Invictusでパーラメントをバックに従えたアルバム「Self Portrait」も評価が高いですが、アーバンなフィーリングも身につけた76年の本作もレベルの高い音作り。「Milky Way Man」がフリーソウル期に人気でした。隠し味はフィリーソウル。ダリル・ホールも参加してます。

Ruth Copeland ルース・コープランド

(LP)Take Me To Baltimore

  • Milky Way Man
  • Heaven
  • Cliches
【レーベル: RCA【品番: APL1-1236】【発売年: 1976】【発売国: U.S.A.】 【コンディション: ジャケット:EX+<並品+> / 盤質:M--<良品+>】 【ジャケット詳細: プロモプリント(裏) / 抜け(天)(中) / 擦れ(表)(弱)】 【盤質詳細: ステレオ】 【値段: 3,080円】